「噛める」入れ歯・義歯|高井デンタルオフィス|世田谷区経堂・千歳船橋の歯医者・歯科。桜上水・八幡山からの多数来院。

03-5490-2020

診療時間
8:30~18:30
休診日
水・日・祝
キービジュアル

「痛い」 「噛めない」 「外れる」・・・。
入れ歯を使われている方から
よく受ける相談です。

しかし、手間暇をかけ、
基本に忠実に入れ歯を製作することで、
あなたにぴったりの入れ歯を
作ることが出来ます。

諦めないでください。

※当院でご提供する入れ歯は
「自費」のみの対応となります。

当院の入れ歯が、患者様に支持される4つの「理由」

当院の入れ歯が患者様から評価される理由を、患者様から頂いた声を参考にご紹介いたします。

選ばれる理由1「多種類」の入れ歯をご用意

「見た目が気になる」「物を噛むと痛い」「しっかり噛めない」「外れてしまう」・・・・・など、患者様によって入れ歯の悩みは様々です。
その悩みを患者様が満足されるレベルでご提供するためには、残念ながら昔から存在している保険素材の入れ歯だけでは十分ではありません。
なぜなら保険素材の入れ歯は技術的にも材料的にも50年以上前から全然進歩していないためです。

保険の入れ歯が悪いというわけではありません。
しかし、このような事実が存在していることをまずはご理解ください。
当院では一般的な保険の入れ歯(義歯)以外にも、効果が実証されている様々な最新の入れ歯をご用意しています。

「薄く」て「丈夫」で
「食べ物の温もり・冷たさ」を
感じられる金属床義歯

チタン、コバルトクロム素材を使った入れ歯(金属床)です。
これらの素材の一番の長所は、保険適用の入れ歯と比べて「薄い」「軽い」「壊れにくい」「飲食物の温かみ・冷たさを感じられる」ことです。保険が適用される入れ歯との比較を下記に示します。

1軽い材料で作る
保険の材料で作る入れ歯は重いため、噛むという動作に負担を与えます。
一方、金属床義歯で使用する材料には、保険の材料の約1/4の重さのものを使用します。
2軽い材料で作る

口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。
このため、金属床義歯で使用する材料の場合、保険のものに比べ約1/6の厚さの薄い材料を使用します。

保険の入れ歯
【保険の入れ歯】
保険外の入れ歯
【保険外の入れ歯】
3食べ物の温もりを感じられる材料で作る

保険の入れ歯を入れると、温かい・冷たいといった食べ物の温もりが感じられません。
食べ物の温もりは味覚に大きな影響を与えます。このため、金属床義歯では温もりを感じられる材料(専門的に表現すると、熱伝導率の高いもの)を使用します。

温度が伝わる

食べ物の温度を瞬時に伝えることが出来ます。

食べ物の温もり
4他の健康な歯に過度な負担を掛けない

保険の入れ歯は「たわみ」がありますので、咀嚼することで入れ歯がたわみ、入れ歯をひっかけている歯に過度な力が加わり、その歯を痛めます。しかし、金属床義歯は「たわみ」がほとんどありませんので、バネをひっかけている歯にも優しいです。

残存歯に優しい

部分入れ歯でも残っている天然金に
あまり負担をかけません。

残存歯に優しい
5自分の顎の高さにあったミクロン単位での調整を行う
ミクロン単位での調整お口に合う入れ歯を作るために一番重要なのは、手間をかけた調整です。
金属床義歯の場合には、ミクロン単位に及ぶ緻密な調整を行うことで、自分にぴったりと合った入れ歯をつくることが可能です。

金属床義歯―コバルトクロム合金

コバルトクロム合金コバルトクロム合金

金属床義歯としてコバルトクロム素材はもっとも歴史のある素材です。熱を伝えやすく清潔で美しい状態で、永く快適にご使用頂けます。

  • 熱伝導性が良い
  • たわみが少ない
  • 汚れにくく清潔
  • 粘膜の炎症や口臭などの問題が起こりにくい

治療前治療後

金属床義歯―チタン合金

チタン合金チタン合金

近年話題の最先端金属です。腐食せず・軽く・アレルギー反応を起こしにくい、体に優しいチタンを使用します。

  • 生体親和性が優れている
  • 金属アレルギーの心配が少ない
  • 熱伝導性が良い
  • 粘膜の炎症や口臭などの問題が生じにくい
  • 汚れにくく、清潔
  • 軽い

治療前治療後

見た目と機能性を追求する
「インプラントオーバーデンチャー」

見た目も機能性も追求したい方には、イプラントを併用した「インプラントオーバーデンチャー」をお勧めいたします。

そもそも金属のバネが存在しませんので見た目も良く、しっかり固定されますので「噛めない」「外れてしまう」ということもありません。

インプラントオーバーデンチャーとは、2~4本のインプラントを埋入し、現在使用している入れ歯をしっかり安定させる治療法です。

患者様が自由に取り外しできるためメインテナンスが非常に簡易で、大きな外科手術を必要としないため全身的な負担も少ない治療法です。

最新式入れ歯

選ばれる理由2こだわりの制作工程

入れ歯制作の工程は多岐にわたりますが、当院で行っている工程で特徴的なものをご紹介します。

ズレをなくすための取り組み

個人トレー

入れ歯をお持ちの方は経験あると思いますが、入れ歯を作る際、まずはお口の「型」をとります。
この型をもとに模型を作り、作業を進めていくのですが、すべての基本となる「型」にズレが生じている場合、完成した入れ歯にも当然「ズレ」が生じ、噛めない・痛い・外れる入れ歯が出来上がります。
当院ではこの「型」を精密にとるため、規格の定められたトレーではなく、必要に応じて患者様オリジナルの個人トレーを1から作成し精密なお口の型を取ることもあります。

また、このズレをなくすための対策として、一般的には1回しかとらない印象を当院では複数回採るようにしています。そしてその印象に基づき模型も複数個作成し、一番ズレが生じていないものを選択し入れ歯作りを進めていきます。

噛み合わせの調整

噛み合わせ全ての治療に言えることですが、「噛み合わせ」は治療を進めていく上でしっかりと調整していかなければなりません。噛み合わせが悪いということは、適切な位置で物を噛めないということですので、当然、咀嚼のたびに入れ歯や入れ歯を支えている歯に過度な負担がかかり、入れ歯だけでなく、健康な歯までもダメにしてしまいます。またこれが原因で「痛み」「外れる」「噛めない」などの原因となります。

選ばれる理由3入れ歯作りへの想い

院長

入れ歯は一見すると「物」です。
しかし、私たちは「物」という認識では携わっていません。
私の考えで「入れ歯で、患者様の口からの健康を達成させる」というものがあります。

つまり、「物の先にある患者様の健康を達成させること」が私たちの仕事であり、使命と考えています。

「物」という認識で仕事をしていれば、そこには私たちの「熱意・想い」は反映されませんので、患者様の満足、そしてその先にある健康は得ることはできません。
常に物の先にある患者様のことを思い続け、仕事をすることで、それが必ず得られると信じています。

料金

部分入れ歯部分入れ歯
チタン床
¥480,000
コバルトクロム床
¥380,000
総入れ歯総入れ歯
チタン床
¥600,000
コバルトクロム床
¥550,000

※料金はすべて「税込」となります。

  • 自費でつくられた入れ歯の保証期間は、基本的に5年間(装着日より起算)です。
  • 保証期間内に発生した不具合は、すべて無償で対応させて頂いています。
  • 落下や事故など患者様の過失による破損、また紛失は保証の対象外となります。

コラム-あなたにピッタリ合った入れ歯の効用

入れ歯は、単に食事を美味しく食べるためだけの道具ではありません。
実は、脳の機能、体のバランス、生活リズムにまで影響を与えることもあります。
あなたにピッタリ合う入れ歯を作り 「しっかり噛める」ことでもたらされる効用を簡単にご説明いたします。

  1. 1.脳を刺激し「ちほう」防止になる
  2. 2.正しい姿勢を取り戻し、骨折・捻挫防止となる
  3. 3.アンチエイジング効果
  4. 4.体の健康

脳を刺激し「ちほう」防止になる

合わない入れ歯は、「ちほう」までの一里塚といわれています。
合う入れ歯で食べ物をしっかり噛むことにより「ちほう防止」 に大きな効果があるのです。

これは、顎を動かすことにより脳の中を流れる血液の量が大幅に増加し、脳細胞を活性化させるためです。
これはある統計でも証明されており、アルツハイマーになってしまう方には、歯が少ない人が多いようです。

脳いらすと身近な例えとしまして、眠気が襲ってきた時、眠気覚ましに「ガム」を噛むことがあります。
これはハッカによる刺激の効果もあると思いますが、ガムを噛む行為自体が脳に新鮮な血液を送りこむので、脳が活性化し、眠気覚ましにも効果があるのです。
このようなことから最近では、両親へのプレゼントとして、お子様が来院され、「親のために、よく合った入れ歯を作ってあげたい」というご要望もあります。
もし、ご両親が入れ歯で悩んでいるのであれば、お気軽にご相談ください。

正しい姿勢を取り戻すことで、骨折・捻挫防止となる

噛み合わせを正すことで、体のブレがなくなり、姿勢が良くなるというお話をきいたことはありませんか?

東京老人総合研究所での研究では、噛み合わせを正し、体のブレを無くすことで、研究対象者の足の捻挫・骨折の減少、交通事故発生率の低下という結果が出たようです。

合わない入れ歯は、「噛み合せ」が悪くなっていることが多いものです。
単に「おいしく食事が出来る」入れ歯だけではなく「噛み合せ」をしっかり考慮した入れ歯作りが、患者様の安全と健康を守るためには大切となります。

「アンチエイジング」の効果

入れ歯を入れたら急に「老け顔」になってしまったという話を良く聞くと思います。
これは「合わない入れ歯」が原因となっていることがあります。

歯は顔の輪郭を形作っている重要な要素です。
よって、歯の代わりとなる入れ歯が大きかったり、小さかったりすると顔の輪郭が変わってしまいます。この輪郭の変化が顔のシワ・タルミの原因となり、老け顔を助長する元凶となります。

つまり、自分にピッタリ合う入れ歯は「痛くない、しっかり噛める、外れない」といった機能的な面の回復だけでなく、シワ・タルミが生じないといった審美的な面までも回復してくれます。

しかし、お口の環境は時間の経過とともに変化していきますので、機能面・審美面を維持するためには、歯科医院での定期的なメインテナンスが大切となります。

身体の健康

身体を健康に保つためにはバランスのとれた食事をしっかりと咀嚼し、栄養素を体に吸収させる必要があります。

しかし、合わない入れ歯ですと、このような当り前のことも出来なくなってしまいます。
それは「しっかり噛むことが出来ない」ためです。

しっかり物を咀嚼しないで食事をすると、「塊」の状態で体内に入っていきますので、適切に分解できず栄養素の吸収率は下がります。また、内臓も何とか消化しようと頑張りますので、その分、内臓への負担が大きくなります。

入れ歯は単に噛めればいいだけでなく、「しっかり噛める」ことが何よりも大切です。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

このページの先頭に戻る